株式会社いーふらん

応募はこちらから 2024エントリーはこちら 2023エントリーはこちら 中途採用応募
はこちら
新卒採用応募
はこちら

いーふらん子ども食堂とは

フィリピン・セブ島において、貧困層の子ども100名を対象に週に一回、 現地のスタッフによる手作りの食事を配給支援する活動です。 また、クリスマスなどのイベント時にも「子ども食堂会場」にて 子どもたちへプレゼントを配る活動を行っています。

フィリピンの子どもたちの現状

フィリピンでは貧困家庭で生まれた子どもたちは、ほぼその一生が貧困状態の生活を送ることを余儀なくされています。家庭状況によっては孤児院に預けられ、またはストリートチルドレンとして日々家計を支えていく生活を続けていかなければなりません。

子どもたちからありがとうのメッセージ

第89回開催 Cパディリア地域の
シティオロワーロマー地区にある
バスケットボール広場の小さな教会の前にて

第88回開催 アッパーキャピトルサイトにある
集落シチオ マハヤハイにて

 

お弁当などの配給活動に対し、子どもたちが元気よく
メッセージを送ってくれました。

過去のありがとうメッセージ

緊急支援活動

フィリピンで発生した2021年の台風や2023年の大規模火災は甚大な被害をもたらしました。多くの人々が困窮に陥いる中、現状でそろえられる食料を被災者の方々に配布する活動を行っています。

株式会社いーふらんの取り組み

緊急で食料配給を行いました。現状では、全ての人々にそうした物資が行き渡らないのが問題となっています。少しでも多くの方々に物資が届けられるよう、いーふらんでは全力で支援を行っていきます。

食事の配給活動

もっと見る

担当者のコメント

私は陽気でダンスが上手なフィリピン・セブ島の人々が大好きです。初めて訪れた頃はまだ、信号機もコンビニもありま せんでした。セブ島・フエンテ・オスメニア・サークル(※)で家が無く座り込んでいる人や不衛生な環境で生活している人がいる現状をみて、フィリピンの為に何か出来ることは無いかと考えました。そして子どもたちの笑顔の役に立てるよう「いーふらん子ども食堂」を企画しました。
こうした取り組みによって子どもたちが満足のいく食事をとり、健康に過ごし、たくさん学び、一人ひとりが笑顔で過ごせる手助けに貢献させていただきたいです。
(※)セブ島の中心に位置する地域名

現地スタッフ・設営テント

子ども食堂開催時にロゴ入りのテント、ベスト、のぼり旗、横断幕の設営など、わかりやすいかたちで子どもたちの目印になっています。

TOPへ戻る