商品部|社員インタビュー|採用情報|株式会社いーふらん|買取専門店「おたからや」・水素吸引サロン「健康の森」

サイトマップ|個人情報保護方針

Profile
前職 カップコーヒー・ペットボトルその他飲料の自販機オペレーター
出身地 神奈川県
出身校 秘密
趣味 プライベートでは「子供と過ごすこと」が趣味になっているような気がします。

おたからや全店を支える、「目利き」のスペシャリストに。TANI.M2011年中途入社/商品部

TANI.M

将来性のある環境で、
専門性を高めたい。

――まずは入社の経緯を伺えますか?

私は2011年に入社したのですが、それまでは自販機を扱う会社でルートセールスや営業所の責任者などを務めていました。ですから、当社とはまったく畑違いの出身です(笑)。

――転職を考えたきっかけなどはあるのでしょうか?

経験と年齢を重ね、キャリアアップも実現していましたが、ポストが上がれば上がるほど業務負担も大きくなっていきました。そうした中で、自分の“これから”について思いを巡らせた時、今後のキャリアがイメージできなかったんですね。そこで、「もっと将来性のある会社で、専門性を高めていきたい」と考えるようになったのです。

――転職の選択肢はさまざまあったかと思いますが、当社に惹かれた理由はなんだったのでしょう?

いーふらんを知ったのは、知人から「面白いビジネスをしている会社がある」と紹介されたのがきっかけでした。そこでHPなどをチェックしてみると、毎日のように「おたからや」の新店オープンが続いている。この勢いはすごいなと。

――最初に興味を持ったのは、事業の成長性だったわけですね。

はい。これは面接で詳しい話を聞いてみたいと思いました。ただ、その時点では店舗スタッフやSV職の仕事をイメージしていたのですが、面接の場で「フランチャイズ加盟店様の商品査定をサポートする専門チームを新たに発足する」と聞きまして。

サポート体制を強化するということは、さらなる事業成長を見込んでいる証だと感じました。それに入社前は骨とう品などの知識はほぼゼロだったのですが、「これは専門性を磨くチャンスだ」と思えた。そうした想いが入社の決め手になりましたね。

TANI.M

見た目では分からない
「本質的な価値」を見極める。

―― Tさんの入社時に発足された“新チーム”というのが、現在の「商品部」なのでしょうか?

その通りです。当初はSV部門の中の一チームでしたが、設立3カ月後には「商品部」として単独の部署になり、現在は私を含めて5名が在籍しています。

――改めて商品部の主なミッションを伺えますか?

我々のミッションは、価値の判別が難しいものや珍しい商品に対して適性価格を提示し、お客様・店舗の双方の利益を高めつつ、当社が扱う物量を増やしていくこと。手前味噌ではありますが、「商品知識に長けたスペシャリスト集団」として、「商品の質」と「利益」を担保するために日々業務に集中しています。

――具体的にはどのような業務を?

元々は加盟店様のサポートメインでしたが、現在は直営店のフォローも行っています。当社では「おたからや」全店に高性能のウェブカメラを導入しています。これを使用して、現場での査定の難しい商品があれば画像を送っていただき、遠隔で我々がチェックを行ってメールや電話で回答するのです。

1時間に平均数十件の依頼が入りますが、基本的に3~5分ほどで回答。お客様をお待たせしないようスピード感は大事にしています。ただし高級絵画や年代ものの作品などは、社内外の有識者の協力を得ながら7~10日ほどをかけて鑑定を行うこともありますね。他に、加盟店様が購入された商品の検品や、加盟店様向けの商品研修なども手掛けています。

――いわゆる「目利き」の要なのですね。

何年やっても、モノの価値を見極めるのは非常に神経を使います(笑)。たとえば、よく扱うのが古銭や小判、古い切手など。「汚れがひどいな」というものでも、複数の専門書などを読み漁り、丹念に調べてみると実は高価な品だった、というケースは珍しくありません。

 それに壊れてしまったブリキの玩具など、一見“無価値”なものが、時には「交換用部品」として思いもよらぬ価格になるケースも。そうした発見の連続こそが、この仕事の大変さであり、面白さでもありますね。

TANI.M

サービス品質向上に向けて、
いまも勉強の日々。

――扱う商品ジャンルの幅広さを考えると、スキルアップも重要になりそうです。

とにかく数多くの商品を扱い、ひたすら調べて、鑑定して、知識を蓄積していく。この繰り返しこそが上達への近道です。店舗であれば、1日平均5名ほどの来店数ですが、商品部であれば商品査定の機会は毎日10倍以上ですから、成長のチャンスは豊富ですし、私自身も毎日が勉強の連続です。

チーム内でも定期的に勉強会を行い、一人ひとりが学んだ知識を共有し合う機会を設けています。一人ひとり得意分野もありますので、「楽器のことは○○さんに相談してみよう」など、チームワークで業務品質の向上に取り組むケースもありますね。

――経験豊富なTさんでも、今も勉強し続けているのですね。

もちろんですよ。近年、絵画や美術品の買取もスタートしましたが、こうした分野の知識はまだまだスキルアップが必要です。美術品を専門に検品・管理する「美術品部」もできましたので、そちらのメンバーから専門知識を学ぶ機会も少なくありません。

――今後の目標などはありますか?

長年かけて、「モノの価値を見極める知識」「高単価の商品を扱うノウハウ」といった独自の経験を積み重ねてきました。ゆくゆくは、培ってきたスキルを新規事業や新たなビジネスモデルの創出などにも活用できれば嬉しいですね。

――では最後に、エントリーを検討中の方にメッセージをお願いします。

未経験の業界への転職は、どうしても不安が付きまとうと思います。それでも、当社の場合は商品知識はもちろん、接客スキルを学ぶ機会や研修制度もしっかり整っています。ですから、「専門性を高めたい」「コミュニケーション力を磨きたい」といった成長意欲さえあれば、ぜひ安心して応募してほしいですね。

人生グラフCAREER GRAPH

人生グラフ1

神奈川県に生まれる。

人生グラフ2

当時流行ったビックリマンチョコ』のシール集めに夢中でした。

人生グラフ3

学業を頑張りながらもゲーム世代、ドラ○ンクエスト・○○ファンタジー…etc、寝る暇惜しんでレベルアップにのめり込んでいました。集中力が養われたと信じてます!

人生グラフ4

イギリスのロンドンに5週間、ホームステイしました。寝ていて夢の中が、やっと英語になってきたかなという頃に帰国し、その時は絶対次の年に行こうと思っていました。(結局、行けず…残念!)

人生グラフ5

自販機オペレーターの会社に入り、ルートセールスののち、営業所責任者となる。

人生グラフ6

いーふらんに入社。商品部に配属。加盟店様から送られてくる買取依頼の商品を次々と検品しました。
毎日見ていたので、2週間ですぐに慣れてプレミア切手や古銭、刀剣を見る目が養われました。

人生グラフ7

鑑定番組にちょこちょこと出演するようになる!2013年ミになる図書館2回。
2015・16年この差って何ですか?計2回。とくダネ!・ミヤネ屋・Nスタ多数。

人生グラフ8

子供誕生!人生バラ色~、幸せと責任を感じつつ仕事に精を出す日々です!

人生グラフ9

自分の成長だけでなく、後輩の育成・オーナー研修等、教育部門の業務も任されるようになる。

休日の過ごし方

休日の過ごし方HOLIDAY

幼稚園年少の息子を連れて、公園やイベントに行っています。
特撮ヒーローが好きで、ショーや映画を見に行く機会が多いです。

他の先輩を見るOTHER