店舗スタッフ|社員インタビュー|採用情報|株式会社いーふらん|買取専門店「おたからや」・水素吸引サロン「健康の森」

サイトマップ|個人情報保護方針

Profile
前職 飲食業、ブライダル
出身地 東京都
出身校 小岩高校
趣味 映画鑑賞・ダーツ・ゴルフ

20代未経験入社の私が年収3倍を実現できる理由FUNAKUBO.R2016年中途入社/店舗スタッフ(店長)

FUNAKUBO.R

求めていたのは、
キャリアもプライベートも
充実できる場所。

―― Fさんは2016年入社と伺っていますが、前職はどのようなお仕事を?

高校を卒業後、レストラン勤務を経て、憧れていたブライダル業界に転身しました。新郎新婦の一生に一度の笑顔を見られることは最高のやりがいでしたね。ただ、一方で私自身は常に仕事に追われ、プライベートな時間もまったく取れない状況が続きまして……。将来を考えるとこの環境のままでは厳しいぞと、転職を考えるようになったのです。

――キャリアを考えるうえで、ワークライフバランスの充実は重要ですよね。

それに、キャリアや収入の面でも一度は高みを目指してみたいなと。そこで、まずは「頑張れば頑張った分だけ」という環境を探そうと、求人サイトなどでインセンティブ制度のある仕事をチェックしてみました。

また、私は10代の頃からブランド品が好きだったので、試しに「インセンティブ ブランド」で求人検索をしてみたところ、当社がトップに表示され、「こんなビジネスがあるのか!」といい意味で驚きました(笑)。

――当社のどんな点に惹かれて入社を決めたのでしょう?

ひとつは、「買取に専念する」というビジネスモデルです。個人的にネットオークションを活用してブランド品を売買した経験があるのですが、売り先を見つける作業はかなりのストレスでした。ですから、買取に集中できるのは素直にいいなと。

FUNAKUBO.R

本社との「ホットライン」が、知識不足をサポート。

――業界未経験で入社し、現在3年目にして店長を任されているそうですね。

本人のやる気次第で、スピーディなキャリアアップが実現できるのは当社の魅力です。入社1年目に20代で、店長を統括する「マネジャー」に出世した人間もいるくらいです。こうした成長がなぜ実現できるのかというと、とにかく本社のバックアップが手厚いんですよ。

――本社のバックアップとは、どういったものがあるのでしょう?

まず入社後1~2週間の新人研修で、買取依頼の多い有名ブランドなど、基本的な商品知識をみっちりレクチャーされます。その後、小規模な店舗でOJT研修を行い、店長のアシスタントとしてお客様対応に同席し、どのような会話をしながら、いかに買取業務を進めていくのか。実際のやり取りを間近で見て、感じて、学んでいくことができるわけです。

 

それに、当社には「商品部」という商品査定を専門に行う部署があり、そのチームとの「ホットライン」が完備されているのも大きな強みですね。

――ホットライン、ですか?

はい、全店に高性能のウェブカメラが導入されていまして、珍しいものや真贋が判断しにくいものが持ち込まれた際には、遠隔で本社の専門家と相談できます。さらに直属のマネジャーはもちろん、役員クラスの方々にも、営業ノウハウや店舗運営のコツを気軽に相談できるのもありがたいです。

――では、この仕事の大変な面はどんなところでしょう?

この業界では新しい商品がどんどん登場しますし、『おたからや』が取り扱う商品ジャンルは20種類以上に及びますから常に勉強が欠かせません。これは新人もベテランもみんなが苦労する点です。ただ、当社の育成環境とサポート体制は業界トップクラスですから、私のような未経験者でも「成長するんだ」という前向きな意欲さえあれば、着実に成長できるんですよね。

FUNAKUBO.R

常連さんが
気軽に足を運んでくれる
店舗をつくろう。

―― Fさんが成果を高めるために、心掛けていることはありますか?

店舗には1日平均5~6件のお客様がいらっしゃいますが、そのうち7~8割は初利用の方です。不安を感じているお客様も珍しくありませんから、ただシステマチックに買取をして終わりではなく、丁寧さや清潔感の中にも、親しみを持っていただけるような雰囲気づくりと話しやすい接客対応を大切にしています。

――親しみやすい雰囲気が大事。

そうです。年配のお客様と地域の世間話で盛り上がることもあれば、お得意様宛のダイレクトメールに、手書きのメッセージを添えることもあります。その結果、常連さんが「店長の顔を見に来たよ」と気軽に足を運んでくれたり、お客様からお客様を紹介していただいたり。人間関係が深まっていく楽しさと、成果を高めて店舗を育てていくやりがい、その両方を実感できるのはこの仕事の醍醐味かもしれません。

――転職のきっかけにもなったワークライフバランスの面はいかがですか?

正直言いますと、入社前は「こんなにいい環境、本当かな?」と疑問視していた部分もありました(笑)。けれど、入社2年目の年収は前職の約1.5倍、今年は順調に行けば2.5~3倍まで伸びそうです。しかも、ほぼ定時帰りで残業は多くて月1日、それも30分程度。もちろん新人時代は業務に不慣れな分、残業するケースもありましたが、1年もしないうちに今の働き方になりましたね。

――思い描いていた働き方を実現されているのですね。では最後に、エントリーを検討中の方へメッセージをお願いします。

大事なのは、どんな内容でもいいから目標を持つこと。私も入社当時、「いつかは憧れの外国車に乗りたい」とか「都心の高級マンションに住みたい」といった、自分なりの野心を持っていました。そして、今では「当社ならば夢じゃない!」と感じています。私自身の体験から、「未経験でも大丈夫」と胸を張って言える会社ですので、ぜひ飛び込んできてもらえたら嬉しいです!

人生グラフCAREER GRAPH

人生グラフ1

東京の下町、小岩に生まれ。中学、高校は迷惑かけない子供でした。

人生グラフ2

バイトしていたレストランにそのまま入社。一流のサービスマンを目指す。

人生グラフ3

20歳になり、仕事も色々教えるようになった時、友達の結婚式に行った際にブライダルに興味を持つ。

人生グラフ4

当時の支配人に頭を下げて、どうしてもやりたい事があると伝え、その会社の関連会社である築地本願寺に移動する。

人生グラフ5

最初の半年は葬儀がメインで、全くブライダルの仕事は出来なかった。

人生グラフ6

やる気も認められ半年間でブライダル事業部へ移動しスタートする。

人生グラフ7

いざ、ブライダルをやってみて、やはり幸せな仕事で楽しかったが、労働時間の長さと、給料に不満を持つように、、、。

人生グラフ8

お金を稼いで他に好きな事はないかと考えた時、昔からブランド物が好きだったたのもりおたからやに就職。

人生グラフ9

覚えることが多すぎて一時いやになった事をあるが、先輩の後ろ姿を見て、
いつか自分もこうなっていい暮らしをすると決め今に至る。

休日の過ごし方

休日の過ごし方HOLIDAY

日中はゴルフの練習に行き、夜は友達と会うことが多いです。
気の合う仲間と一緒に色々なお店に出向き、美味しい料理とお酒と会話を楽しんでいます。

他の先輩を見るOTHER